動画

【コンビ愛】白血病で亡くなったカンニング竹山の相方中島さん。竹山が送った弔辞。そして、亡くなる直前の大晦日に披露したネタの真意が深すぎて今でも泣けてくる

title

カンニングがテレビでやっと売れ出してきた10年前位のこと。


やっとチャンスを掴んだ2004年の大晦日の「エンタの神様」の出演。この時、竹山の相方中島さんは闘病中の為、出演することはできませんでした。

闘病の為、長期休業し表舞台から姿を消した中島さん。

しかし、まだ世間には体調不良としてしか知らされておらず、白血病とは公表されていませんでした。

2004年の大晦日、テレビ番組「エンタの神様」の舞台に1人で出演した竹山さんはネタをはじめる前にこんなことを言い出します。

『え~ネタをやる前にちょっと一言言わして下さい。

中島馬鹿か!!馬鹿かお前は!!

せっかくお前こうやって大晦日の紅白の裏とかで大トリやぞ!!

それなのに体調不良で倒れたって馬鹿かお前は!

こんなんトリなんか2度ともらえんぞ!!

後お前半年2人でお笑いブームが終わるまで頑張るって決めたやないか!

何を途中でリタイアしとんねんお前は!!

けど皆さん安心して下さい!

お笑い的にはね、何の問題もない!!

なぜなら俺面白いから!
俺が面白いから大丈夫です!

安心してください!!
全然一人で行けますから!!

その心配は何にもいらん!

中島、だからお前も今テレビで面白い俺を見とけ!

俺ものすごい面白いから!!

来年からはカンニングではなく、
カンニング竹山と言うピンでやります!!!

ピン芸人といやあね、俺色々考えたけどね、
何かフレーズがないといかん!間違いないとかヒロシですとか、みんなあるでしょ!!!

だから俺来年からこれをします!これ面白いぞ!!

ペロンチョ!!
ペロンチョ竹山!!
ペロンチョ!ペロンチョ!

面白いやないか!!
ペロンチョ面白いやないか!

・・・・・・・・・・・・・・

大します!!
もう大します!!
脱ぎます!!(ズボン脱ぐ)

・・・・・・・・・・・・・

 ズボンを脱いで続けます・・・

次のページへ続きます

スポンサードリンク

PAGE TOP