ライフハック

   

【高さ1mをナメたらダメ!】 わずか50cmで人間が流される「津波」の恐ろしさ

2215113_nami02_r

津波は海水だけでなく、自動車や木材などあらゆる瓦礫とともに我々に襲い掛かってくるのです。
こんなものに巻き込まれたら、流されるだけではすみませんよね。

高さ30センチでも危ない津波

そしてもう一つ、多くの人が勘違いしがちなのが、ニュースで報じられる波の高さに関する認識の甘さです。
今回の地震による津波速報は、ほとんどの場所が、高さ1メートル以下でした。

しかし「1メートルくらいなら、なんてことないじゃん」と思うのはもってのほかです!
先ほどの画像にもあったように、津波はただの荒れた波ではありません。海そのものがぶつかってくるようなものです。そのため津波の勢いはすさまじく、高さ30センチで人は立っていることが出来なくなります。そして高さ50センチにもなると人間が流されてしまうのです。さらには高さ1メートルで自動車、高さ2メートルで木造住宅が流されます。

今回の地震で、大した事がなさそうだからと、避難もせずに津波の様子を見に行った方は、あまりに危険な行為をしていたのです。
地震大国日本に住んでいる以上、地震と無縁の生活を送ることは出来ません。しっかりとした危機意識をもって行動することを心がけましょうね。

参考:https://curazy.com/

おすすめ記事親御さんへ『避難の時はお子さんの腕に油性ペン』

title2

油性ペンで腕に書いてあげる。

次のページヘ続きます