かっこいい

【イチロー「僕は天才ではありません。 なぜなら…」】世界記録を達成した男の名言【15選】

21853_main

2016年6月15日のサンディエゴ・パドレス戦。ついにイチロー選手が安打数世界記録を達成しました。

日本のプロ野球に在籍していたころから「安打を放つ」ということに関しては、ずば抜けた能力を発揮していたイチロー選手。メジャーリーグ移籍後もコンスタントに安打を重ね、見事に偉業を達成!

改めてそのメンタリティを強く感じられる、イチロー選手の過去の名言を紹介します。

21853_01

イチロー選手の哲学

自分に対して厳しい男の名言

「準備」というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していくこと。

しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。

一番になりたい。「オンリーワンがいい」なんて言っている甘いやつが大嫌い。

応援してください、という気はない。応援してもらえる選手であり続けたい。

どんなに難しいプレーも、当然にやってのける。これがプロであり、僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません。

心から野球を愛する男の生きざまを示す名言

妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない。

4000の安打を打つには、8000回以上悔しい思いをしてきた。

現役中に、過去のことを懐かしんではいけません。

僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、どうしてヒットを打てるかを説明できるからです。

気持ちが落ちてしまうと、それを肉体でカバーできませんが、その逆はいくらでもあります。

次のページへ

スポンサードリンク

PAGE TOP